コロナアプリCOCOAの開発会社はどこ?評判をSNSから紹介!

コロナ感染症拡大防止を目的としたアプリ「COCOA」がリリースされました。

アプリをダウンロードしてBluetoothをオンにしておけば、陽性者と接触した可能性の有無を教えてくれます。

今後の感染症拡大を阻止できるのではないかと期待されているアプリです。

では、このアプリの開発会社はどこなのでしょうか?

ここではCOCOA(新型コロナウイルス接触確認アプリ)について、

  • COCOAは何の略であるのか
  • 開発会社はどこなのか
  • COCOAの評判について

などを紹介していきます。

COCOA(コロナ接触確認アプリ)は何の略?

COVID-19 Contact Confirming Application から文字を取っているようです。

英語に訳すと微妙に変だと言われていますが、COVID-19を抜き取り、 Contact Confirming Application の頭文字を取ってCOCOAだそうです。

COCOA(コロナ接触確認アプリ)の開発会社は?

新型コロナ接触確認アプリ・COCOAはひとつの会社でアプリが完成したわけではないようです。

有志による開発チームがアプリを起動する基盤を作り、厚生省から発注を受けた会社がアプリの運営を任されている形になっているようです。

アプリを開発したのが「COVID-19 Radar Japan」

厚生労働省から発注をかけて、COCOAの管理や運営をしていくのが、パーソルプロセス&テクノロジー社となっているようです。

COVID-19 Radar Japanとは?

日本のエンジニアを中心としたコミュニティがCOVID-19 Radar Japanということです。

オープンソースプロジェクトなので、COVID-19 Radar JapanはCOCOAの基盤となるデータを無償で解放したことになります。

オープンソースとは?

ソフトウェアのソースコードを無償で公開すること。

誰でも自由にソースコードを再配布したり、データに手を加えることができることをオープンソースと言います。

COVID-19 Radar Japanの中心メンバーは誰?

COVID-19 Radar Japanの中心メンバーであり、COCOAの開発のきっかけとなったのが廣瀬一海さん。

廣瀬一海さんはマイクロソフト社に勤務していますが、COCOAの開発は廣瀬さん個人で始めたものです。

まったく関係がないわけではありませんが、COCOAの開発にマイクロソフト社が加わっていないとのことでした。

パーソルプロセス&テクノロジー社の事業内容は?

アプリの運営先であるパーソルプロセス&テクノロジー社の事業内容を一部紹介すると、業務プロセスコンサルティング、システム企画・開発、システム運用・保守などを手掛けている会社です。

今回、COCOAの開発とアプリの運用を厚生省から任されたのが、このパーソルプロセス&テクノロジー社となったようです。

COCOAの開発費は?

何をするにも費用がかかります。厚生労働省はどのくらいの費用を出したのかというと↓

厚労省の担当者によると、受注価格は4104万円だという。パーソナルプロセス&テクノロジー社の広報担当者は、「個別の案件については回答を差し控える」としている。

引用:Smart FLASH(https://smart-flash.jp/sociopolitics/105385)

COCOA(コロナ接触確認アプリ)の評判は?

COCOAの使い勝手や評判はどうなのでしょうか?

SNSで投稿しているのを紹介します。

皆さんの投稿を見ると、COCOAをダウンロードするよりも政府への対応に不満がある人が多いようです。

そして、スマホのアプリ検索で「COCOA」と入力しても出てこないという意見には驚きました。

まとめ

COCOAの基盤となるデータを作ったのが「COVID-19 Radar Japan」という有志の団体です。

COCOAのデータはオープンソースとされ、厚生労働省から発注をかけてパーソルプロセス&テクノロジー社が、COCOA管理と運営を担っていることが分かりました。

パーソルプロセス&テクノロジー社に支払われた開発費は4100万円とのことです。

COCOAの評判については、アプリの必要性を感じつつも政府の信用のなさにダウンロードしないといった声もありました。

今後はCOCOAの普及率が6割超えることが課題ではないかと感じています。

最後まで読んでくださりありがとうございました!